松井稼頭央の筋肉が驚愕すぎww筋肉を作り上げた筋トレメニューを紹介!!

Pocket

日本人内野手として初めてメジャーリーグに挑戦し、西武ライオンズと楽天ゴールデンイーグルスで活躍をしていた松井稼頭央選手!!2018年に惜しくも現役を引退されましたが、現在では西武ライオンズの二軍監督として活躍されてますね!

現役時代にはトリプルスリーも達成して走攻守の三拍子揃った選手として有名です。いや〜彼のショートを守ってる姿に見惚れた野球少年も多いんじゃないですか?僕も昔は野球少年でしたが、彼のショートを守ってる姿に憧れてよく雑誌を購入したりyoutubeを見たりしながら真似してましたねww

そんな松井稼頭央選手なんですが、彼の筋肉って控えめに言ってヤバくないですか?笑。ぶっちゃけ野球選手とは思えないくらいムッキムキなんですよね。

筋トレ大好きライターの僕としては野球選手の松井選手がどうしてあれほどムキムキなのか?どうして鍛えまくってるのか?その理由に迫ろうと思います!!楽しみ!!

松井稼頭央のプロフィール

名前:松井 稼頭央(まつい かずお)

生年月日:1975年10月23日

出身地:大阪府東大阪市

血液型:O型

松井稼頭央さんは1994年にNPBの西武ライオンズに入団。2003年に西武を退団するまでの7年間で中心選手として3度のリーグ優勝に貢献しました。2004年にMLBへ挑戦し、ニューヨークメッツに移籍して日本人初の内野手でのメジャーリーガーになりました。

2011年には東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、なんと2013年にはキャプテンとして球団初の日本一に貢献をしました!

2018年には古巣である西武ライオンズに復帰し、同年には自身4度目となるリーグ優勝を経験して同年限りで引退してます。その後現在では西武ライオンズの2軍監督として活躍をしてますね。

松井稼頭央の筋肉がマッチョすぎる!身長と体重は?

身長:177cm

体重:85kg

松井稼頭央の筋肉ですけど、一言で言うとモテる男の筋肉してんなと言う感じですよねww。一般的なプロ野球選手というとある程度脂肪も乗って筋肉はついてるものの、最低限野球に必要な筋肉しかついてないという印象の選手が多いです。

ですが、松井選手の場合それはもう野球選手とは思えないほどのフィジーク選手か何かですか?wと言いたくなるぐらいの筋肉隆々さをしてます。

女性ってこんな感じの筋肉質な身体好きですよね。多分。

デカ過ぎず、かといって細過ぎずにある程度筋肉のラインもしっかり見えていてガッチリ感もある。ユニホームの上からでも分かる筋肉を兼ね備えており、甘いマスクも健在。それはそれはもうモテない要素を逆に教えて欲しいぐらいですね、ほんと。

松井稼頭央のBMIと体脂肪率が驚愕すぎる!

これほど筋肉隆々の松井選手のBMIと体脂肪率にビビりました。彼の身長177cmと体重85kgでBMIを計測すると27.13という数字が出ます。BMIは肥満度を表したものでだいたい成人男性だと18.5~25ぐらいの間であれば適正といった感じです。

これを見ると一見すると「あれ、BMI高くねw」とツッコミたくなりますが、彼の身体を見てるととてもじゃないですが肥満には見えないですよね。

実際に体脂肪率も見てみると常に10%以下をキープしてますし、実はBMIってそれほどあてになる数字ではないので気にすることはないですね。松井選手の体を見ればわかりますがとても肥満体型には見えないですし、むしろゴリゴリのボディビルダー寄りの体型ですよねww

体脂肪率10%以下ってとんでもないですからね。普通の暮らししてたらまずキツイ数字です(プロ野球選手なので普通ではないのですがw)。それでも野球選手といえどやはり体脂肪率が10%以下をキープすることは容易ではないわけですね。大体の選手がある程度脂肪乗ってます(てか野球選手であれば年間通して試合があるので体脂肪はある程度あった方がいい)。

松井選手の俊敏な動きや鋭いスイングを生み出してるのは普段のトレーニングの賜物だなと思いますね。

松井稼頭央の筋肉は見せ筋ではなく野球で大活躍!

松井選手は球界でも随一の筋肉で有名ではありますが、本業はもちろん野球。見せ筋肉ではなく、野球でも大活躍してるのがすごいところ!!

ぶっちゃけ筋肉をつけすぎると故障しがちな人や思ったよりも活躍が期待できてないな〜って人、いません?ww(清○和○、中○翔など)。

ですが、松井選手はしっかりと筋肉をつけつつ野球でも結果を残してるのがすごい!!まず、野球界でもたった10人しか達成していないトリプルスリーのタイトルを獲得してます。トリプルスリーとは1シーズンを通して「本塁打30本、盗塁30個、打率3割」 を達成した人のみが得られる称号です。

これだけ長いプロ野球の歴史の中でも達成者がわずか10人足らずということで、以下にムズカしいタイトルであり名誉ある賞かが分かるかと思います。

シンプルに体力がとんでもないwwww

普通の選手であればホームランを放つ長打に偏るか、走る事に特化するかのスペシャリスト達が大半です。ですが、松井選手はどちらもこなすことができる上に1年間フルで試合に出場することができるのがとんでもないんですよね。

逆にいえばそれだけ筋トレや日々のトレーニングで準備をしていたという証拠。彼の筋肉トレーニングが見せ筋ではなく、野球にも使えるという筋肉であるということがわかりますよね。

松井稼頭央の筋トレメニューはゴールドジムのトレーナーが決めている!

松井選手の筋肉トレーニングですが、実はゴールドジムのトレーナーさんをつけてトレーナーさんが決めてるみたいですね!ゴールドジムのトレーナーさんは主にボディメイクのプロフェッショナルが多く、ボディビルやフィジーク大会に出場するような本格的なマッチョになりたい人には最適なトレーナーさんが多いです。

松井選手の体を見てもボディビルに出場してもおかしくない身体ですが、あの体を作り上げてるのはトレーナーさんの影響も大きいと思いますね。以下の写真を見てもらえるとわかりますが、ゴールドジムのTシャツもしっかり着こなしてます。

いや、ビルダーかよwwww

こんなにゴールドジムのシャツを着こなす野球選手、松井選手ぐらいじゃないですか笑笑。張り出した肩とこんもりと膨らんだ上腕二頭筋、そして広がりのある背中。まじでボディビルのコンテストか何かに出場して欲しいですわ笑笑。

ゴールドジムで鍛えてるということなので、もしかしたらあなたもゴールドジムに入会すればいつか松井選手に会えるかも?しれませんね。ちなみに僕は2回ほどゴールドジムに行ったことがありますが、めちゃ環境いいですよ。

本気でトレーニングしてる人が多いですし、スタッフの人も皆ゴツくて鍛えまくってますが、話してみるとみんな優しいですw。松井選手みたいな体を作りたいのであれば、一度ゴールドジムに行ってトレーナーさんと話をしてみるのもありですね。

松井稼頭央の筋肉トレーニングメニューがボディビルダー並みで草ww

続いて、松井選手の身体を作り上げているトレーニングメニューを紹介していきます!!

ただ、調べましたところ彼のトレーニングメニューを公表している情報はあまり出ていなかったですね。ですが、彼のような身体を作りあげる方法はある程度決まってます。てか、ゴールドジムのトレーナーさんに教えてもらってますし体つきを見てもかなりボディビルダーに近いです。

なので、普段行なっているトレーニングもボディビルに近い鍛え方だろうと推測できます。

この領域は僕は現在進行形でトレーニングもしてますし、かなり近いトレーニング方法を紹介できますのでご期待を!!

盛り上がった上腕二頭筋

まず気になるのは彼の盛り上がった上腕二頭筋ですよね!!!普通のトレーニングをしていたらこれほどの腕は作れないです。

腕は「腕の日」と、腕トレをする日を設けて徹底的に鍛え抜いてたんだろうなと容易に想像できます。僕もトレーニングをしてるのでわかるんですが、腕トレは腕トレの日と分けてやることでより、強度の高いトレーニングができるので効率的に鍛えることができるんですよね。

オススメのトレーニング方法はこちらを参照。

主に、バーベルカールやインクラインダンベルカールをすることで上腕二頭筋をいじめぬきます。

バーベルカールのやり方はこんな感じです。

バーベルカールやり方

① 20キロのバーベルを両手に握り、体の前に持ってくる

②肘を固定させた状態で反動を使わずに胸の位置までバーベルを持ち上げる

③ゆっくりと元の位置まで下ろしてくる。

※1セット10回✖︎3セット行う。重さは3セット目で限界が来る重量。

バーベルカールをやるだけでかなり鍛えることができますよ。松井選手のマックス重量はわかりませんが、トップボディビルダーなんかだと100キロでバーベルカールやったりするので世の中バケモンがいるもんですねwwww。

100キロって普通ベンチプレスでも一苦労の重量ですから。

松井選手の腕をみる限り60キロぐらいはバーベルカール出来そうですね。にしても綺麗な上腕二頭筋で惚れ惚れしますわww

手首の鍛え方が尋常じゃない!

続いては手首!!リストですね(なんでいちいち英語にしたん?って感じですよねw)。松井選手は打ち方を見てもらえればわかるんですが、とにかく手首が強い印象です。手首の強さで腰をクルッと回転させてパカーン!って感じ。

手首の強さがあの鋭い打球に繋がってるんじゃないかと言ってもいいぐらいですね。あの打ち方は間違いなく手首の強さは影響してるだろうなと考えられます。

手首の鍛え方はこちら。

手首の鍛え方

こちらではダンベルを利用しての手首の鍛え方が紹介されてますが、あなたが野球をしてるという方であればバットを代用しても鍛えることは可能です。

実際に過去に僕自身、松井選手の自伝を読んだことがありますが本内容にもバットを使って手首を鍛える方法が紹介されてましたので、松井選手はバットでリスト強化していたことがわかります。

バットを使ってより野球に近い動きでリスト強化したい場合はこちら。

松井選手みたいな打球を打ちたいのであればこのトレーニング方法はかなり有効だと思いますね!

逆三角形を作る背筋メニュー

ユニホームの上からでもわかる松井選手のようなでかい背中を作る方法!!

と、いうわけで続いては背筋を鍛えるトレーニングメニューです。逆三角形のような広がりのある背中は誰もが作りたいんじゃないかと思います。

松井選手は177cmと野球選手としては小柄なんですが、いざ見てみるとかなりデカイですよ。

松井選手のような背中を作るにはこのメニュー一択。

懸垂ですね!

やり方は非常に簡単です。

懸垂やり方

①鉄棒バーに両手を順手で、肩幅よりも拳3つ分ぐらい広げてぶら下がる。

②顎が鉄棒につくぐらいに体を持ち上げる

③腕が伸びきって背中の収縮を感じるぐらいに下げ切る。

④この動作を1セット10回✖︎3セットこなす

僕のブログでは他にも芸能人やスポーツ選手の体の鍛え方について書いてますが、どの記事でも背中のトレーニングでは必ず「懸垂」を書いてますし、推奨してます。

それぐらいに懸垂トレーニングは協力というわけですね。

やってみるとわかりますが、やったことない人だと懸垂1回も出来ないなんて現象が起きることも珍しくありません。それぐらい大きな筋肉を動員して負荷がかかるということですね。

ですが、それゆえに強力。強力がゆえに最強のトレーニング。

僕も日々のトレーニングにおいて、背中トレの日は必ず懸垂を取りいれてます。松井選手の背中を作り上げたメニューとして懸垂は間らず入れてるだろうなと容易に想像はできますね。

張り出した胸筋を作るメニュー

最後は張り出した大胸筋を作る胸筋トレーニングメニュー!!

松井選手の体のデカさを象徴する部位でもありますね。ぶっちゃけた話野球選手にこれほどの大胸筋はいらないような気もしますがw、それでも多少なりとも年間を通して戦い抜く身体を作っているので無駄にはなってないことは間違い無いです。

大胸筋を鍛えるにはトレーニング方法はたくさんありますが、代表的なトレーニング方法はベンチプレスですね。重い重量を扱えるので大胸筋にダイレクトに刺激を送ることができる上に、鍛えるほどにでかくなりますから。

そんなベンチプレスのやり方はこちらを参照。

ベンチプレスやり方

① ベンチ台に寝て背中にブリッジを作って姿勢を作る

②腕は肩幅よりも少し広げてバーベルを順手で握る

③みぞおちあたりにバーベルを下ろしてくる

④1セット10回✖︎3セット目で限界がくる程度

ベンチプレスをすることで大胸筋以外にも、上腕三頭筋や肩のフロントも鍛えることができますので、トレーニング初心者の人であればダンベルを使って色んな種目をやるよりも、バーベルベンチプレスを徹底的に行うことを推奨します。

少なくとも松井選手のような大胸筋を作りたいということであれば、バーベルベンチプレスをすることが近道ですね。

松井稼頭央のトレーニングに対する信念

松井稼頭央の身体能力が野球界随一!

衝撃的な『筋肉番付』での活躍!!

松井稼頭央のように筋肉を野球に活かすには?

松井稼頭央の筋肉に対するファンの声

やはり松井稼頭央の筋肉がすごすぎてたまげてる人が多いですねww。

まとめ

今回は松井稼頭央選手の筋肉がいかにしてつけられたのか?について書かせていただきました!

  • 松井稼頭央の身長は177cm、体重85kg。BMIは27.13でした!
  • 松井稼頭央の筋肉は見せ筋ではなく、野球でも大活躍!トリプルスリー達成!
  • 松井稼頭央の筋トレメニューはゴールドジムのトレーナーが決めていた
  • 松井稼頭央のトレーニングメニューは主に上腕二頭筋、手首、背中、大胸筋を重点的に鍛えてる!
  • 松井稼頭央のトレーニング信念は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.